FC2ブログ

うちのニャンコ

我が家には、柴犬のほかに、猫が一匹いる。

普通の日本猫だ。

このネコは、近所の公園に住んでいた「猫おじさん」から譲り受けたネコだ。

猫おじさんは、たくさんの猫と公園の一角に暮らしていた。

今は、市の方針だかなんだかで、そこに住めなくなってしまった。


私がうつだった時、よくその公園に行った。

大きなグランドがあり、そこのベンチにいつまでも座って過ごすこともあった。

自然がたくさんあり、車の音が届かず静かなその公園でよくお昼を

一人で食べた。

帰りはたいていおじさんのところに寄った。

おじさんと猫の話をしているとホッとした。


ある日、おじさんの猫が仔どもを生んだ。

私が猫がほしいというと、2ヶ月は待ってくれと言う。

2ヶ月くらいは母猫の初乳をしっかり飲ませないと、丈夫にならないのだ。

「いい子がおるから、そいつをあんたにをあげるから。」と

おじさんは言ってくれた。

私はその2ヶ月間で、何とか家族を説得した。

そうしてうちに来たネコが、ミーちゃんだ。

顔が小さく、足と尻尾がスラーっと長い。

まるでネコ界の安室奈美恵だ!

(今はお腹がタプタプで安室ちゃんではなくなってしまったけれど)

腹毛が白く、背中がトラトラ。

とても可愛いのだが、とても気が強く人に触られるのが大嫌い(特に女子が嫌い!)

なので、猫好きとしては抱っこしたいのだが全然できない。

時々無理やり抱っこして、ばりかかれている。

決してこちらの都合で抱っこしてはいけない。


では私が嫌いなのかというと、そうでもない。

私が出かける時は、その様子で分かるらしく、階段を降りて玄関に向かうと、

待って~!と一緒になって階段を駆け下りてくる。カワイイ。

トイレに入ると、トイレの前で鳴き続け、壁をバリバリやったりする。カワイイ!

でもトイレから出て、ミーちゃん!と抱っこしようとすると、ピューっと逃げてしまう。

うーん、ツンデレもいいところだ。


ミーのいつもの定位置は、私がうんと手を伸ばしたその数センチ先だ。

いつもその手の届くか届かないかの距離にいる。

私が寝ている時だけ、安心してすぐ横に来て添い寝をしてくれる。

それでもちょっと嬉しい私である。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ふじきさん。ありがとうございます。

「ネコちゃん」ってまた、ストレートな!笑
ネコちゃん、お気の毒でした..泣
うちのミーさんは、完全にやりたい放題ですから
行きたい時には、何が何でも出て行くし、入りたい時は網戸に爪をかけて
開けて入ってきます。



No title

ツンデレ、かわいいですね~。
(人間の女性みたい笑)

うちにもニャンコがいました。
名前は「ネコちゃん」でした。

庭に迷い込んできて、木に登って降りれなくなった子猫でした。
家族みんなで可愛がっていましたが、車にはねられて・・・。

六花さんのミーちゃんは勝手に外に出ていくことはないですか?
プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR