FC2ブログ

集談会の仲間達(遠足編 ②)

カフェ千里香は、

おしゃれでモダンで美味しいお店だった。

使っている器も、おそらく全部常滑焼だったと思う。

私はパスタランチ「トマトとアンチョビのモチモチフェットチーネ」を食べた。

とっても美味しかった。

よっちゃんの食べていた「和風オムライス」や、

笑ちゃんの「銀杏ご飯」も美味しそうだった!



その後、移動して

絵付け体験をやった。初、絵付け体験。

素焼きのお皿や茶碗に絵を描くと、

  釉薬をかけて焼いておいてくれるのだ。

皿や茶碗は、画力が問われそうだったので、

字を書くという手もあるのだが、

私は、ネコの置物に色をつける事にした。

ネコ好きのなっちゃんも同じのを選んだ。


「絵心がないからパス!」と、笑ちゃんとQちゃんとOちゃんは喋って待っていた。

絵手紙が趣味のよっちゃんは、

慣れた手つきであっという間にお皿に「コスモス」を描いた。さ~すが!!

このちゃんも、お皿に取り組んでいた。

このちゃんらしい、優しいファンタジーな絵を描いていた。


さて、問題はネコである。

なぜなら、用意された顔色は、ピンク、黄、緑、青、薄青、黒...と

ネコの色には程遠い色ばかりである。

色を混ぜたりしてもいけない。(乾いた上に色を重ねていくのはOK)

黒に塗って、「黒猫」でもいいけど、

せっかくの絵付けなのに、真っ黒に塗るだけじゃあねぇ~。


果たして、私となっちゃんのネコは、

なんとも幻想的なメルヘンネコになった。

おとぎの国からやって来たネコたちだ。

一ヵ月後、みんなの作品がどんな風に焼きあがってくるのか、とっても楽しみ~!


それから常滑駅へ向かってまた散歩道を戻ったのだが、

これがまた時間がかかった。

(そしてまたもやQちゃんをやきもきさせた。)


なんせ楽しそうなお店が点在しているのだ。

店先の風鈴の音色や、手書きの看板に引き寄せられて、吸い込まれていく。

さらに帰り道は、土産を買うモードがオン!!になる。


そして、ある店で完全につかまってしまった。

そこの店主は、陶芸家のくせにとてもよく喋った。

自分の作品への熱い思いを滔々と語ってくる。

そして、その陶芸家の作品がこれまたすごくイイ!のだ。

私と笑ちゃんは、それぞれにすごく魅かれる作品があって、

真剣に買おうかどうしようか迷っていた。

陶芸家が喋れば喋るほど、作品の裏側が見えてきて

余計に欲しくなる。


う~~~~~ん。

二人で悩みに悩んで(みんなを待たせてしまってごめんね~~。)

結局買うのはやめた。

今出会って、今すぐ買うというのもあまりに衝動的かなと思ったのだ。

(さすが神経質、慎重~!)

そして、来年また来よう!となった。

その時まだ欲しかったら、その時は買おう!と。

そして名刺をもらって帰った。


Qちゃんは、やっと帰れる!!とほっとしたようだった。

その後は、「大通りで帰ります!」と言って

散歩道を外れた。

このままでは、またどこかに入りかねないと思ったのだろう。(ほんとすいません...)


表通りの「とこにゃん」の下を歩いて帰った。

とこにゃんの下の道は「招き猫通り」と言って、

様々な作家さんが作った招き猫が壁にたくさん埋め込まれている。

ちょっとした「招き猫美術館」だ。


常滑はやきものの町であり、

        ネコの町でもあった。


今年の遠足もとても楽しく、面白かった~!

よくしゃべり、よく笑い、よく食べ、よく歩きました。

ご一緒した皆さん、どうもありがとうございました~。(*^-^*)


集談会の仲間達と、こうした思い出が一個一個増えていくのはとても嬉しくて、

     私にとって、遠足はとても大切な行事の一つなのです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

匿名様

古い記憶を思い出を書いてくださってありがとうございます。
木造の駅舎だったんですね~。
私も10年ぶりくらいに常滑駅に行きましたが、全然立派に変わっていました。
そして帰りの電車には、セントレアからのスーツケースを持ったお客さんがたくさん!
時代は変わりましたが、散歩道の町並みは「昭和」でした。ホッと癒されました。

No title

「常滑への遠足」読んで、昔遊んだ常滑の子を思い出した。その子の家は土管を作っていた。
その当時、常滑駅は古い木造の建物だった。多分、今は立派な建物に変わっていると思う。
今では懐かしくセピア色の思い出だった。
プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR