FC2ブログ

お姉ちゃん

先日、姉が、

「仕事の研修でそっちへ行くから、ランチでもしない?」と言って来た。


私と姉はめったにランチなどしない。

人生で3度目くらいのランチだ。

姉は、車で一時間くらいのところに住んでおり、

今も現役バリバリの看護師で、とても忙しい人だ。

そして何より私とは性格がまるで違っていて、

子どもの頃から、まったく息が合ったためしがない。


何であんな気が強い人が私の姉なのか?

本当に同じ姉妹だろうか?

私は本当は、橋の下で拾われた子じゃないだろうか?と

子供心に真剣に悩んだものだ。

(その当時、母に冗談半分でよくそう言われていた。)

※神経質傾向の子どもにそういう冗談を言ってはいけません!

 マジメに悩みますから~。(o・`з・´o)ノ


普段から連絡を取る事はまずないけれど、

最近は、盆や正月など会った時に、お互い子どもの問題などを話す事があって、

以前よりは、心の距離は縮まってきたように思う。

にしても、ランチは「珍事!」で、旦那にも「珍し~!」と言われながら

断る理由もないので、出かけて行った。


私にとって姉は、いつも怖い存在だった。

一緒にランチや買い物なんて、まず行かない。

テレビドラマや人の話しで、姉妹で仲良くキャぴキャぴやっている姿を見聞きすると、

私は羨ましいような、切ないような気持ちに駆られた。

でもそれは、求めても私には手の届かないものだった。


聞けば、きっちり一時間の昼休みしかない、という。

移動して、ご飯を食べて、ちょこっと喋ったら終わりだ。


私は研修所から近くのうどん屋さんに連れて行った。

一時間しかないので、近くて、早くて、混まない所がいい!と思ったのだ。

幸い休憩は12:30~だったので、少し店はすいてきていた。


うどんを食べながら喋り、

食べ終わってからも、時間いっぱいまで喋っていた。

主にはお互いの子どもの問題のことだった。

こんな風に二人だけで話すのは本当に久しぶりだ。

姉の顔をこんなまじまじ見たこともなかったような気もする。


うちの息子が学校をやめたことを心配してくれ、

どうしてるかと聞かれたので、

「先月からバイトに行き出したよ。」と言うと、

「良かったじゃん。」と言ってくれた。


姉は姉で、娘の事で頭を悩ませていた。

私にとっては姪っ子の話だ。

聞いてて辛くなる内容が多かった。

森田で学んだ「傾聴」を生かして、とにかく姉の話を聞いた。

あまり深刻にならないように聞いた。


そんな深刻な話をしていたら、

ランチ終わりで空いてきた店内に、大きな白いネコがゆっくり入ってきた。

長毛の尻尾がふさふさ揺れている。

こんな大きなネコは外国のネコだろう。

うちのミーちゃんの1.5倍はある。

机の脚の間を、のしのしと優雅に練り歩いている。


私たちのテーブルの下にもやってきた。

頭をなでてやると、ゴロゴロ~と気持ちよさそうに

目を閉じている。

「か~わい~ね~~。」

実家では猫を飼っていたので、姉もネコは好きなのだ。

話しは変なところで途切れ、

二人で猫を見てアハハと笑った。

そこで時間となり、姉はまた研修所に消えて行った。


その夜遅く、姉からメールが来ていた。

話しが途切れていたので、

その続きみたいなメールだった。


何回かやり取りがあり、

「なるようになる。」

「というか、なるようにしかならん。」

ということでお互い納得した。


姉にしては珍しく、

「今日は、愚痴ばっかになってゴメン。」と言ってきた。


「そんなことないよ。お姉ちゃん。

     私でよかったらいつでも愚痴ってよ。」


そう思ったが、

   恥ずかしいのでメールはサラッと返しておいた。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

chakiさん
いつもありがとうございます。

ほんと~!chakiさんもですか~。
chakiさんのお姉さんとの話は以前少しだけ聞いたことあるので、何となく似てるかな、とは思っていましたが。
私は、関係が薄すぎて、ほとんどどこでも話したことがなかったです。
兄妹仲がいいってうらやましいですよね~。
また話しましょう~。

No title

六花ちゃん、あまりにも自分の姉との関係と同じなので、驚くほどでした。とても仲良くしている姉妹をみると、いつもためいきが出ていました。母親が年老いていくから、その世話をどうするのか?という話でもっと距離ができてしまった。また、ゆっくり六花ちゃんと話したいものです。

Re: 姉妹

よっこさん
こんにちは。

そうですか?
私もほしかったですね~!
お兄ちゃんが!
自分の持ってないものはほしいですね~。

Re: No title

38たろうさん、
こんにちは。

そうですよ~。
気の強い姉ちゃんと、気の優しい弟がおりますよ~。

姉妹

六花さん、姉と妹。
いいですねえ。
私は欲しかった~。お姉さま。

No title

六花さんに性格の違うお姉さんが・・・いろいろ人物が登場して小説のように変化があって面白いです。
プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR