FC2ブログ

六花の由来について

六花ちゃんの「六花」(ろっか)は、雪の事です。

雪の結晶が六角形だから、そう呼ぶのだそうです。


中島みゆきさんの歌に「六花」という曲があり、

とても好きな曲なので、ブログのタイトルに使わせていただきました。

   「六花」

   広い空の中には 罪もけがれもある

   広い空の中には 何もないわけじゃない

   広い空の上から さまよい降りてくる

   泣いて泣いてこごえた 六つの花びらの花

   六花の雪よ 降り積もれよ

   白く白くただ降り積もれよ

   六花の雪よ 降り積もれよ 

   全てを包んで降り積もれよ


よく空は、広く大きく青く、どこまでも美しいけがれのないものの象徴のように

言われますが、みゆきさんは空には罪もけがれもあり、何も無いわけじゃないと歌っています。

そこに少し違和感を覚える私ですが、

美しく見える空、きれいに見える雪にも、けがれがあり、

悲しみや寂しさや孤独を包んでいるよ。というこの歌にとても

心惹かれるのです。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR