FC2ブログ

決めない

息子の話が多くて恐縮です...。


今私は、息子のことに関しては、

心がけて、「何も決めない」ようにしている。


この「決めない」というのは、

以前参加した、梅田原著の会で

山中さんが教えてくれた言葉だ。(詳しくは、3/17ブログ)

「決めなくていい。」

「決めないほうがいい。」


今、その言葉にとても助けられている。


自分の内側を観察してみると、

息子に元気がない日などは、見ているこちらが

不安になり、

つい解決する方向に、舵を大きく切りたくなる。

何もせずにいることは苦しい。

何もしない事で、状況がひどくなったらどうしよう、

などと思ってしまう。


そして息子がまあまあ元気のある日は、

「そろそろバイトでもやったほうがいい」

「何かしないと、怠けグセがつく」

「このまま動くタイミングが分からなくなったらどうしよう」

などとまた不安になり、

あれしたら?これしたら?とお尻を叩きたくなる。

でも、もう少しそっとしといたほうがいいんじゃないかという自分もいる。


その間で揺れ動く時は、前向きな意見や

「こうあるべきじゃないのか」という方に釣り込まれそうになる。

でも、ブレーキをかける自分もいて、

どっちが息子にとっていいのか、考えれば考えるほど分からなくなる。

というか、考えて結論が出ることじゃないのだろう。

考えても結論が出ないから、

とりあえず決めようとするのかもしれない。

どこかに安定したくて...。


そんな時、

「決めなくていい。」とつぶやいている。

無理に決めなくていい。

分からないまま進むんだ。

不安から思いつめて、何かを決断するのはよそう。


事実を見て。

息子はどうしてる?

分からなかったら聞いてみる。

どう感じてる?


そうやっていつも事実から離れないようにしている。

事実と乖離しない時、そこにはむやみやたらな不安はない。

「宙ぶらりん」で居続けられる。

宙ぶらりんでいると、どっち方向にも柔軟に動くことができる。

ちょっと違ったな、と思えば自由に戻って来られる。

ただ事実に対応していける。


決めることで、

視点はとおい所へ行く。

決めたことに逆に縛られていく。

決めたように行かないと、また不安や怒りが起きる。

そして、目の前の事実が霞み、事実と乖離していく。

ひとりよがりになっていく。


決めない事で、

未来のほうは霞んで見えない。

この先どうなっていくのか、さっぱり分からない。

でも、今が良く見える。

今の息子のありのままが見える。


指針(コンパス)もない。

舵もない。

目的地もない。

どこへ流されるのか分からない。


それでも、

決めない。


そしたら、

今回高知に一緒に行く事になった。

本当に予想だにできないことだった。


何が起こるかなんて本当にわからない。

何も決めないことで、

「今ここ」に焦点が定まる。


その言葉のすごさを今、実感している。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR