FC2ブログ

エゴ

私が、うちの旦那のすごいな~と思うところは、

自分の事を、とても「等身大」に見ている事だ。


何年か前に、旦那の会社で

何やらの心理テスト的なものがあって、

その結果、

「自分に対する自分の評価」「他人から見る評価」

ほとんど一致していたのだそうだ。

そしてコメント欄に、

「自分の事を大変客観的に見れていて、全く自分の事実と乖離していないから大変よい。」

というような高評価な事が書いてあったので、

本人はとても喜んでいた。


本当に私とは大違いな部分である。

神経症の中にいた時はもちろん、

今でも、自意識過剰で

だいぶ他人の評価なんかとは乖離しているんじゃないか、と思ったりする。


神経症当時の自分がそのテストを受けたら、

きっと「自分の評価」と「他人の評価」とは大きく乖離し、

「もっと自分の出来ていることを評価しましょう。」だの

「自意識が過剰です。他人はそれほどあなたに興味を持っていませんよ。」

的なことを書かれたりするのだろう。


今は、神経症は良くなったけど、

過剰な自意識はあまり変わらず、

物事がちょっと上手く行くと、

すぐに有頂天になって「私って天才じゃない?!」と思い上がる傾向があるので、

(恥を忍んで書いているんですよ~~~~~。(//>ω<))

きっとコメント欄には、

「自分を尊大に見る傾向があるので、横柄な態度にならないように気をつけましょう。」とか、

「もう少し冷静に自分自身を見つめてみましょう。」

的な事を書かれそうだ。


上手く行かなかったら行かないで、

全部自分のせいのような気がするから困ったものだ。

そんなに自分に力があるわけでもないのに、

なぜか最初はそんな気になってしまうのだ。

どっちにしても恥ずかしいくらい自意識が過剰なのだ。


何かにつけて極端で、自分の事ながらあきれる。

多分こんな自分とは一生付き合っていくのだろうな~、と思う。


旦那なら、

例え上手くいっても

「たまたま上手くいった。ついてたな。」とか、

上手くいかなくても、

「まあ所詮俺のやることだから仕方がない。」

くらいに思うのだろう。


今、仏教のとても偉い人が書いた本を読んでいるのだが、

まさに私のような人は精神的に病みやすいから、旦那のようになって行きましょう

と書いてある。

こういう人に言わせたら、

私のような人は、自我(エゴ)の塊で、エゴが強すぎるのだろう。


そして、「エゴの強いのは何かにつけていい事は一つもない!」と書いてある。

簡単に言うと、

「自我(エゴ)を捨てましょう。」

「自我を失くしていきましょう。」という事が書いてある。


言いたい事は分かるが、そう書いてあると、

 「そう言われましても~」(´・_・`)と私の心は苦しくなってくる。


続く....。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR