FC2ブログ

世間の目

対人がひどかった時は、

世間というものがとても怖かった。

世間の目 とか

世間一般 って一体何なんだろう。


今はこう思う。

私が恐れていた世間の目って、さもありそうだけど、

本当は実体なんかない


例えば、子どもはよく、

みんな持ってるから。」

みんながそう言ってる。」などと言う。


でも、本当に「持っていたり」「言っている」のは

その子の周囲の2~3人なんだと思う。

例えば3人で話していて、自分以外の2人は持っていて、

その2人が「皆も持ってるよ」と言えば、

さも、「自分以外の人はみんな持っているのだ!」と思うだろう。


でも、きちんと事実を見たり、もっと他の子たちにも聞いてみれば

きっと「持ってない子もいっぱいいるじゃん。」とか

「違うものを持ってる子もいるじゃん。」とかに気が付くだろう。


世間の目も、そうなんじゃないかな。


10人いたとして、

実際2~3人は変な目で見てくるかもしれない。

だけど、温かく大らかな目で見てくれる人も

例え1~2人でも、いると思う。

そして、残りの5~6人は、私の事には関心もないだろう。


自分がそこに引け目や負い目があるほど

変な目で見てくる人ばかりがクローズアップされ、

その目がまるで大多数のように感じてしまっていたのかもしれない。

そうして自分の中に、

実体の無い「冷たい世間」を作り出していたのかもしれない。


そして、ビクビクしている自分がいけないんだと思ったり、

情けなく思ってしまったりする。

でも、どんな風な態度でいても、

批判的な目で見るような人は必ずいる。


そうやって、世界をとらえる目が大きく歪んで、

私には世間と言うものが、

ものすごく厳しく冷たいように感じていた。


そして、

実際はあったのに、

温かい目や、温かい言葉に気付けなかった。


私が恐れていた世間は、

自分が閉めた扉の細い隙間から見え隠れする、小さな世界だった。


本当の世界は、....


例えば、学校へ行かないうちの息子のことも、

温かく励まし、心配し、見守ってくれる....

そんな人がたくさんいる、大きくてあたたかい世界だったのだ。


もちろん息子の事を聞けば、

批判してくる人もいるだろう。

私が甘やかしているだけだ、という人も必ずいるだろう。


でも、私は今、

それも含め世間が怖くない。


どちらの意見もある中で、

世間を無視するのでもなく、

世間に振り回されるのでもなく、

息子の事実と向き合い、

決めていけばいい、と思っているからだと思う。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

chakiさん
こんにちは~。

連休お疲れさまでした。娘さんのアパートで奮闘するchakiさんの姿が浮かんできました。
お母さんって本当に有難いね。
娘さんものすごい頑張り屋さんですね。
何もかも一人で抱えないで!って心配するchakiさんの気持ちよく分かります。

若い時って自分もそうだったけど、若さだけで無理していろんな事を力づくでやっていました。
いろいろ痛い目にあって、苦しい思いしてみないと、自分の限界とか、人にも頼ったりってできないものなのかもね。
今娘さんは、娘さんのやり方で目の前の事を必死にやっている。
上手く器用に要領よくはこなせないと思うけど、chakiさんがいつも言ってるように、いつも娘さんの味方でいてあげてくださいね~。


No title

この連休の一部に京都の娘のアパートに行ってきました。かつてないほど汚れていた部屋の中。着くなり服を脱いでそのままの格好でガスレンジを磨いていました。そして、体を動かすだけ動かして、後のあの子の毎日が楽になるようにと家事をやってきました。毎日、部活、授業、就活とめのまわる忙しさ。「一番行きたい企業だからとほかの子にその日くらい代わってもらったら?」 「無理」という娘に「無理と決めているのは自分だけじゃないの?友達に聞いてみた?」と言うとものすごい勢いで怒りました。  もういいやーこの子は私と一緒で、苦しんでもがいて気が付かないと変われないのだ と口をはさむのをやめました。

Re: 世間の目

みやたろうさん
こちらこそ、ありがとうございました!
天空の茶畑は本当にきれいでしたね。

そうですね。
「付かず離れず」「息子ファースト」でがんばります。

世間の目

昨日はどうもありがとうございました。
世間の目や他人の目も人間関係と同様に「付かず離れず」が良いのでは?「息子の事実と向き合い決めていけばいい」の記述どおり、「息子ファースト」がいいと思いますね。大変でしょうが頑張ってください。
プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR