FC2ブログ

スーパーマーケット

私がお気に入りのスーパーは、細かなところに企業努力が

感じられる心憎いスーパーだ。

商品がよく、安くしてくれるのはもちろんなのだが、

言ってみれば、いろんな所で「物の性を尽くそうとしている」ことが感じられるお店なのだ。


例えば、

レジ袋は基本的にくれないが、

ほしい時は、「ください」と言えば無料でくれる。

今はどこも当たり前のように有料になった。

この店は、お弁当も店内で作って販売しており、

しかもとてもボリューミーで安価なため、

近所のサラリーマンや、現場工事の男性などもよく昼を買いに来ている。

そういう人達は大抵、袋なんか持ってこないからきっと助かると思う。

私も何かのついでに寄った時など、持ってない時もあるからとても助かる。


新聞チラシをやめた。

この店のチラシは1年ほど前から、新聞には入らなくなった。

基本的には店内に置いてあり、欲しい人はセルフで持って帰る。

レジの人も、来週のチラシ要りますか?と声を掛けてくれる。

つまり、この店の顧客だけに配ればいい、という考え方だ。

今は新聞を取らない家庭も増えた。

新聞に入れるには、たくさん印刷し、無駄打ちも多くなるだろう。

店に置くだけなら、印刷部数もだいぶ減らせるし、紙とお金の大きな節約

になることだろう。

頭がイイナ!と思うのである。


現金会計機が設置された。

このスーパーは小規模だ。

大型スーパーは広すぎて、やたら歩かされるが、

この店は小さいので、近所のオバチャン、オバアチャン、オジイチャン達に人気なのだ。

駐車場は狭いので車で来る人はあまりなく、午前中のママチャリの数はすごい!

そしてオジイチャン、オバアチャン達は現金払いを好む

「レジ打ってるうちから財布も出しとけよ~」と私は思ってしまうのだが、

オバアチャン達は、レジを打ち終わってからおもむろに財布を取り出し、

「ちょっと待ってよ、細かいの出すで!!」と言いながらジャラジャラやっている。

午前中はかなりレジが混雑するのにだ。

或いは、ウチのオバアチャンのように、後ろに並ぶ人があると、気が急いてしまって

お札でポンと払い、財布が小銭でいっぱいになってしまう人もいるだろう。


それでこの店は、現金会計機なるものを4台ほど置いた。

レジを打ち、現金の人だけ「○番の会計機でお願いします。」と言って

支払いは各自でゆっくりやれるようにした。

この店の規模で、こんなものを置くなんてスんゴイな~~と私は思う。


予想通り、オジイチャン、オバアチャン達は、最初会計機に戸惑い、

「分からん!」「やれ~せん!」と店員達の手を煩わせていたが、

だんだんに覚え、今では会計機に手こずっている人はほとんど見なくなった。


いろんなスーパーで、カードを作らせるキャンペーンはよく見るが、

カードを嫌うお年よりは多い。

あと休日など混雑日は、レジを二人体制で会計と分けている店もある。


でも無理にカードなんか作らせるのではなく、

大勢のスタッフに出勤させるのでもなく、

現金のままで、もっと便利にしていこう!という客にも、働く側にも寄り添った

いい打開策だな~、と勝手に私は関心した。


このスーパーのそんな姿勢や心意気がとても好きで、

もっと近所にスーパーがあるけど、

つい足茂く通うことになる。


店長さんを中心に、パートさん、学生アルバイト、

(最近は外国人アルバイトさんもいらっしゃいます。)まで含め

みんなで店を良くして行こう!と、アイデア、意見、不満、要求など

自由に発言できる環境があるからだろうな、と

想像させてくれるようなお店なのです。


         





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

chakiちゃん
こんにちは。

いるね~、そういう人。たかがレジ、されどレジ!だよね~~!!
私はね、そういう人も好きだけど、あえて対人っぽい人のレジに並んじゃったりもするんだ。
声が小さかったり、顔も上げないようなアルバイトさんのところに。
どういう心境なのか自分でもよく分からないんだけど、やっぱり応援したいのかな?
頑張ってね!!って。

No title

流石ー六花ちゃん。スーパーだけでこんなに沢山のことをいろいろ考えるんだーと感心しました。私がいつも行くスーパーには、レジのプロがいるんです。そのお客への対応力。お金の数え方、渡し方のタイミングそして相手がおつりを財布に仕舞った絶妙の呼吸でポイントカードと領収書を丁寧に渡してくれる。まさにプロ。彼女のレジさばきを見ていると「気持ちいい」と感じます。言葉も美しくて、お辞儀までしてくれる。本当にすごいですねー後ろに誰も並んでいない時には、必ず褒めちゃう。「いやーお札を数えてばかりなので、指が擦り切れるんですよ」そんな答えが返ってくる。私は、彼女にエネルギーをもらえるから、なるべく彼女のレジに並ぶんだあ。
プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR