FC2ブログ

Iメッセージ 応用編

今日、

早速むかつく事があった。


表を掃く長い箒(ほうき)と、短い箒があるのだが、

うちのじいさんは箒を使っても、

すぐにその辺に立てかけて置く。


短い箒は、100均のナイロン製なので

立てかけても全然構わないのだが、

長い箒は、先がちょっと柔らかいものを間違えて買ってしまい、

立てかけると、跡がついてしまって使いづらいので、

私はS字フックに引っ掛けるようにしている。

ところがじいさんは、そういう事に全く気付かないので、

使ってはポンっとその辺にすぐ立て掛けるのである。


いつか気付くかもしれないと思って、

いつも私は引っ掛けているのだが、

今日もそうやって、壁に立ててあった。

私は、「もうこれは言わなあかん!」と決心した。

(まだ言ってないが)

そして、「よし!!Iメッセージで言うぞ!」と思った。


心のまんま言えば、

「ちゃんと箒はここに引っ掛けてよ~。穂先が曲がっちゃうじゃ~ん!!」

だろう。

だがこれでは少々キツイ。

決して相手をなじってはいないが、

「引っ掛けるように!」という指示になっている。

それでもまあ、充分に伝わるし悪くはないと思う。


じゃあこれを、Iメッセージで言うと、どうなるだろう?

「私は...」で始めるから、

「私は箒を立てると、先が曲がって箒が悪くなるから引っ掛けてるの。

だからおじいちゃんも引っ掛けてね。」

くらいだろうか。


一番良くないのは、

「なんでいっつも立て掛けるの?

 私が引っ掛けてるのにぃ~!箒が悪くなるじゃん!」

みたいな事だろう。


じいさんは、私にとっては舅だし、そんな言い方はしないが、

相手が親や旦那だったら、普通に言うかもしれない。


実際、ばあちゃんはいつもじいさんに、

完全に「あんた」主語で文句を言っている。

「あんたはやる事が荒けないでイカン!!」

「アンタはやる事ばっか早くて、もうちょっと丁寧にやらないかんわ!」

「なんでもっと落ち着いてやらんの?」

.....。

果たしてどこまで、じいさんの耳に届いているのだろうか。


きっと私が言えば、主語が誰だろうと関係なく

引っ掛けてくれるようになると思う。

なぜならじいちゃんは、私をとても恐れている(ようだ)からだ。


でも、私はじいさんに

ただ「嫁が怒るから気を付けよう。」と思われるのではなくて、

「箒を長持ちさせるために引っ掛けよう」と思って欲しいのだ。

そこが伝わるか、伝わらないかは大きいと思う。


ただ怒られたと思う人は、

恐怖が薄れる頃、きっとまた同じ事を繰り返すからだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

chakiちゃん
こんにちは。

先日はお疲れさまでした!
そうですか~?うれし~です~。
舅姑の存在は本当に...ですね。
これも仕方がないね。
(山中先生のお話の)「死ぬまで取れない。」これですわ。
相手が生きてる限りずっとですわ。

No title

じいちゃんが私をおそれている のくだりには、大笑い。そして最後の恐怖が薄れる頃また同じことを繰り返すからだ のくだりには、なるほどーと感心しました。六花ちゃんの文章は楽しくって、面白くって、それに考えさせられる。いつも、使っていない脳のどこかを揺さぶられる。気持ちじゃなくて、なんだか考えを揺さぶられるんだー不思議な力です。
プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR