FC2ブログ

Iメッセージで伝える

先月の学習会で、

臨床心理士の岩田真理さんが、

I(私)メッセージで、自分の純な感情を伝えてみると、

相手を傷つけずに、気持ちが伝わりますよ。」とおっしゃった。

それは、心理学的な知識なんだと思うが、

その後、それについて考えさせられる機会が何度かあった。


先週、旦那と久しぶりに時間が空いたので、ドライブに出かけた。

ところが、その日はあまり体調が良くなかったようで、

私は車酔いしてきた。

旦那は車の運転が好きで、久しぶりの遠出で快調に飛ばしていた。

でも私には、急発進、急ブレーキがすごいように感じていた。

「なんか今日運転が荒くない?」と言ってみたが、

「全然!!」と言う。

「ちょっと酔って来たんだけど」というと

「え~、じゃあ寝たら?」と言われた。....


その後も、道を間違えても、なかなか引き返さずグルグルして迷いそうになったり、

調べておいた食べログのお店に行きたいらしいが、

ナビやスマホばかり見ていて、いつ着くのか分からない。

どんどん時間は過ぎて、お昼食べ損ねたらどうしようと気がもめるし、

気持ち悪いし、言いたい事はだんだん心に溜まっていくが、

久しぶりに二人で出かけているのだし、私は我慢していた。


道の駅などでも、旦那はスマホばっかり触っている。

なぜかその日は本当にイライラすることばかりだった。


私はそれらを全部体調のせいにしたが、

家に帰ってから、ぐったり疲れてしまった。


しばらく横になりながら、

なんで今日はこんなにすれ違ったのだろう、と思った。

多分思うこと全部言っていたら、帰りはケンカになっていた。

じゃあ、どうやって言えばよかったんだろうと考えていた。


ふと、Iメッセージで言ったら、どう言うのだろうと考えた。


私の言いたかった事は、

「私が酔ってるのに、なんでもっと丁寧に運転してくれないの?

(思いやりが足りね~んだよ!)」

「機械や情報ばっかりに頼ってないで、もっと感覚で臨機応変に動いたら?」

「なんでアンタはこんなところでもスマホばっかり触ってるんだよー!」

「ながらスマホはいけないんだよー!」


これらは全て「あなた」が主語だ。


これを、「私」を主語にして伝えるのだ。

「今日体調良くなくて酔いやすいから、もう少し丁寧に運転してほしい。」

「私は感覚で、行き当たりばったりの店を選ぶのもいいと思うよ。」

「あんたがスマホばかり見てると、なんか嫌な気持ちになる。」

「危ないから、ながらスマホはやめて欲しい。」

ということだろうか。


ムカつくと、つい感情的な言葉になる。

つい相手の非を指摘しがちになる。


気持ちがそうでも、伝え方一つで相手への伝わり方が全然違ってくるのかもしれない。

「なんであんたは....!」

「なんでもっと.....!」

「だからあんたは....!」

そう言われたら、誰でもその後に続く内容よりも、

否定された感情ばかりが残るのかもしれない。


そこを、一旦深呼吸でもして、(ス~、ハァ~)

I(私は)で話してみると、

相手に本当に伝えたかったことが、

もっとちゃんと伝わっていくのかもしれない。


次回、旦那にムカついた時に、

是非ともこのことを思い出せるといいな、と思う。

あんまり自信はないけれど.....。(*´~`*)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

chakiさん
ありがとうございます。

そうでしたか~。
言えてよかったですね。
昨日の集談会でも、ちょうど同じような話が出まして。どこまで言ったらいいのか難しいね~、と。
我慢ばかりだと疲れるし。
上手く自己表現していくこと大事ですね。
アサーションって聞いたことある?
昨日の集談会でそういう話が出てました。
また話しましょう!

No title

実はね、私がまだ若い母だった時に子育てに悩んで 親業という講習を受けに通ったことがあります。そこで習ったのがIメッセージでした。今、全然使っていないなあーと。これから使ってみようっと。でも、昨日は主人と長女にかみついてしまいました。あんたはーって。でも、言う事言ったらスッキリした。我慢ばかりしてたらストレスになるし。伝え方ですね。心に置いておきますね。

Re: No title

クーキーさん
ありがとうございます!

Iメッセージのお話は、メモに残しました。
切れまくるのは、嫁?クーキーさん?
車の中って、完全に一対一なので、いろんな話が出来る時間でもあるんですけどね~。
波長があわない日はありますね~。

No title

六花ちゃん随分前のことよく覚えていますね。たしか終わりころに話されたました。
私も嫁を乗せるとキレまくりですよ~
プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR