FC2ブログ

シャガール展

先日、シャガール展を見に行った。


シャガールさんは、97歳!まで生き、

絵画、彫刻、粘土といろいろやって、作品をたくさん残した。

とても見ごたえがあった。


作品には、ニワトリ(しかも雄鶏)がやたら出てくる。

人間と鶏を重ねて見ていたのかな。

人の愚かさを射抜くかのような

目の鋭さ。


あとヤギや牛もやたら出てくる。

やはり大きな目はこちらを向いており、

時々歯を見せてウシシと笑っている。

こわ~。


あとは、やたら男女がぴったりと寄り添っている。

いつでもどこでも、やたらである。

「生の欲望」多めである。


力強い線。

生命力があふれている。


赤と緑の反対色が何の違和感もなく、

一枚の絵に収まっている。


でかいキャンバスの、真っ赤な背景の中に描かれた花瓶の花。

全体真っ赤っ赤!なのに、なんでこんな穏やかな気持ちで見ていられるのだろう?


真っ青に塗ったくってあっても、

決して悲しくもなく。


とても不思議だった。


シャガールさんの命の叫びに感嘆して、

また自転車で走って帰りました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR