FC2ブログ

唐揚げ屋

昨日は、夕方遅くの仕事があって、

寒かったのもあって、疲れてしまった。

帰って夕食を作るのが面倒になって、

帰り道、街角の唐揚げ屋さんで

出来立ての唐揚げを買って帰り、

豚汁だけ作って今日はオシマイ!にすることにした。


その唐揚げ屋さんは、テイクアウト専門の小さな店だ。

私が注文して待っていると、

すぐ横に小学校低学年であろう男の子が立っていた。

保護者らしき人は見当たらない。

寒そうに体を縮こませている。

暇だったので話しかけた。

「一人で買いに来たの?」 「そう」

「偉いね~」 「...もうずっと待ってる」

「そうなの~?」 [....」

お兄さん「焼き鳥はちょっと時間が掛かるんすよ~。ごめんな。」

「寒いね~。お母さんに頼まれたの?」  「うん」

「おつかいなんだ~、偉いじゃん」  「うん」


こんな寒い日の、しかももう日も暮れていて。

習い事か何かの帰り道なのだろうか。

寒空の下で震えて、お母さんからの頼まれ事を果たそうとしているこの子が、

とても健気に見えた。


そうしている間に、私の唐揚げは出来た。

お兄さんが「オネ~サン!オマケ入れといたよ!!」と言った。

「うれし~!!ありがと~!!」

*注) 決して「おね~さん」と言われた事が嬉しかったのではありません。


「気をつけて帰ってね。」

せめてもにそう声を掛けてバイバイした。

その子は、「うん、バイバイ。」と言って笑ってくれた。


寒いからだろうか。

そんな小さな交流だけど、心がポカポカして幸せを感じる。


大切なものは目に見えない。

でも心で見れば、

きっとたくさん見えてくるにちがいない。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

chakiさん、
いつもありがとう。

そう言ってもらえてとても嬉しいです。
私もね、実はこの数日とても嫌な事でイライラしていました。
だからこそ、心が明るくなるような内容のものを書きたくなるような気がします。


No title

今日、とても嫌なことがあったので、このブログを読んで、心が
ポカポカしてきました。
くすっと笑わせていただきました。
六花ちゃんの文章は気持ちを癒してくれます。まさに目に見えない何かが伝わってくるようです。
プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR