FC2ブログ

「なぜ?」と問う文化

ニュースを見ていると、

いつも私は、同じ言葉に引っかかる。


それは、

何か事件が起きると、

「なぜ?」それは起きたのだろう。

と問うことだ。


例えば、

「なぜ?噴火は予知できなかったのだろう。」

「なぜ?殺さなければならなかったのだろう。」

「なぜ?誰も気付いてあげられなかったのだろう。」


事件が起きる理由は、いつも一つだ。

起こるべくして起きる。と思う。


予知できないものは出来ない。それだけだ。

そこには、殺人が起きたという事実があるだけだ。

誰も気付かなかった。

だから事件になってしまった。

それだけだ。


でも、それを「なぜ」と問わずにいられない。

なんだかそれが、神経症的思考にとても似ている気がする。


事実を直視することが出来ず、

何か理由があるように思い、

それを究明し、取り除きさえすれば、

次は防げるとでも思っているかのように、私には聞こえる。


「なぜ?」そう聞くたびに思う。

「理由なんてどうでもいいだろ。」と。


それより、その悲劇をただただ直視する。

そのことの方がよっぽど大事だ。

と、いつも思う。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR