FC2ブログ

今年の終わりに...「森田療法の世界 ①」

今年も大詰めだ。

ブログを書いている場合では、ない。


でも、やっぱり書いている。

しかも、ちょっと大仰な事を書こうとしている。

こちらも大詰めだ。

そういうつもりはなかったが、なんかそういう事になっちゃったので、書く。

誤解を恐れずに書いてみようと思う。


そして、これで、

今年を締めくくろうと思う。



森田先生の世界観。

私がとても共感でき、好きなところだ。

ちょっと難しいが、それを書いてみたい。

私が一番好きなところ。

それは、

「純な心」が行き着く境地。

森田先生は、人間を完全に自然の一部だと捉えていた。

人間が、あらゆる生命体の一番上に君臨しているわけでも、

精神が肉体を支配しているわけでもない。


ただ、そこに存在している命。

それだけだ。

そして、森羅万象の全ては同じところに向かっているという。

それは、「調和」「均衡」

この世界の事象の全て、「陰」「陽」で引き合っている。

プラスとマイナスとで、微調整をし合い、

均衡の取れるところを探している。

いついかなる時も、絶え間なく。

何一つとして、同じところにはとどまっていない。

そんな調整作用が働いて、この世界は微妙に均衡が保たれている。


そして、人間の肉体、そして精神までも、その例外ではないのだ。

自然に放っておく。

そうしたら、プラスとマイナスの間で微妙に揺れながら、

心も体も調和に向かう。

必ず。

そこには宇宙の法則が働いているからだ。

自然治癒力。それを最大限引き出そうというのが、

森田療法だ。


純な心は、調和へと導く「道しるべ」なのだと思う。

分からなくなったら、私はいつも純な心に立ち戻る。

人はいつも、感情と理知との狭間で揺れ動いている。

そして、周囲や社会と調和して行こうとする。必ず。


人間は、放っておいたら堕落する。

目的だ、目標だ、道徳だ、常識だと縛り付けないと、

人はまとまらない。社会は回っていかない。

本当にそうだろうか。


私は森田を学び、自分でも実感できるようになって、思うようになった。

それは人間を怠けさせないが為の、人間が作りだした理屈だ。

それは真実じゃない。

誤解を恐れず言うが、

きっと放っておいたほうが、上手くいくのだ。

放っておいて、自発に任せたほうが、調和に向かうのだ。

それが自然の摂理だから。


そして、自然治癒力は全ての人に備わっている。

純な心は、誰の心の中にもある。

それへの信頼感を取り戻す。

それが、森田療法なのだと思う。


続く...。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 森田療法の人間観

Iさん。かな?
ありがとうございます。
岐阜集談会行ったことないので、参加してみたいです。
岐阜セミナーで感じました。素朴で温かい集談会だな~って。

森田療法の人間観

森田療法の人間観、自然観についての六花さんの話、面白そうです。来年度はぜひ岐阜集談会へ・・・
プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR