FC2ブログ

うつ、一番大事なのは。

ブログでうつだうつだ、と書いていたら、

先日参加した集談会で、

「全然元気そうじゃな~い!」

「どこがうつなの!?」

と突っ込まれてしまった。


確かに自分でもそう思う。

でも、きっとその数日の心がけが良かったからだ。

ブログに書く事で、自分でも気をつけなきゃ!と意識し、

家事はだいぶ手抜きし、ぐうたらを決め込んだのが良かったのだろう。


うつは、いかに自分を責めないように、ぐうたらできるかにかかっている。

(あくまで私の場合なので、まともに参考にしないでください。)


一番大事なのは、「がんばらない」事かなと思う。


いつも通りに生活することはほぼ諦める。

(普段もそれほどきちんと生活してるわけではないですが...(´∀`*;)ゞ)

頭の働きも、体の動きも、忍耐力も、精神力も(?)1/2くらいだ。

いつもの倍頑張らないと、いつも通りの生活は出来ない事になる。

いつも通りの生活をしようとして、

疲れて、イラついて、不安定になって、爆発するなら、

頑張れないことを前提に、生活したほうが私は楽だ。


私の場合、どんな風に頑張っていないかというと、

まず、規則正しい生活をあきらめる。


休みの日は、気が抜けると本当に起きられない。

昼近くまで寝る日もある。

夜も用事が無ければ、さっさと寝るようにしている。

それでも朝起きられないから不思議だ。

先日の集談会も、お昼を食べると、眠くてあくびばかりしていた。

(決っして退屈だったわけではありません!)


食事も、だいぶ適当になっている。

平日は、仕事を優先するので、疲れたら昼食は楽する。

コンビニやフードコートなどもよく利用する。

お金はかかるが、気楽だ。


普段は、残り物など家にあるもので済ます事が多いが、

昼時は、どうしてもおじいさん達の昼食時間とかち合う。

台所は一つなので、待っていなければならなかったり、

場合によっては割り込ませてもらったりしている。

そういうのも、今は正直負担だ。

そうなると、昼食自体が面倒になり、大幅に時間がずれたり、

取り損ねたり、お菓子みたいなもので適当に済ませてしまったりする。

だったら、お金かかっても、自分の部屋で簡単に食べられる

ちゃんとした食事をしたほうがいいかな、と思っている。

迷った時、今は「楽」を選び取っている。


そういう日常の細々した部分で、

いかに楽チンにできるか。いかにゆるめられるか。

その積み重ねが割りと大きいと感じている。


うつは、

ものすごく我がままなお客さんに居座られているみたいだ。

でも、生活をそれなりには進めていかなければならないので、

だましだましやっている。


良く捉えれば、うつは、

ともすると融通の利かないこだわりの強い私に、

自分を許す練習をさせてくれている、と言えるかもしれない。

うつ期はとてもアバウトに生きている。

いろんな事をあきらめながら、生きている。

難しい事もあまり考えられないし、

無理をすると、のしかかってくる。


うつは、私に「きちんと」「ちゃんと」を放棄する練習をさせてくれる。

いろんな事をゆるめゆるめて、

うつを怒らせないよう~に、今は生きている。


(でも会えば、ずっこけるほど元気に見えるようです。

 でも、こんなこと感じながらやっております。

      ...ご心配頂いた皆様、ありがとうございます。)




スポンサーサイト



プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR