FC2ブログ

海の底へ....②

自分の「事実」が見えると

私は少し安心した。

それはグルグル渦巻く渦潮の中に見えた、細い一本の糸だった。

私はその糸にすがった。


自分の「事実」をかみしめながら、

「あ~、私は今何も感じないんだな~」

と思った。


天井を見ながら

12年前うつになった時の事を思い出していた。

そして少し泣いた。

辛かったからじゃない。

「私、よくこんな中でがんばってたな~」と、

本当に思ったからだ。


そして、

今なんにも感じなくても、

たとえ重度のうつ状態であろうとも、

どんなに探しても、今はこの私しかいないわけだから、

「この私から出発するしかない。」

と思った。


いろいろ考えると、心配だし、怖いし、不安だらけだ。


今まで自然に感じ、動けていた。

でも、今はできない。

だからもう

「出来ていた過去の自分は忘れよう。」と思った。


これから先、自分がどうなるか全然分からない。

いつまでこういう状態が続くのか、すぐよくなるのか、

全く分からない。

だからもう

未来も考えないようにしよう。」

と思った。


過去を見ても、今と比べて落ち込むし、

未来を見ても、不安で落ち込む。

だから、とにかく

「今ここにいる自分」だけを見よう。

と思った。


「今ここ」の自分だけを見ていると

何とか動くことができた。

体が動くと、心が動いた。

すぐに疲れて、休んだ。

休んで、また動いた。

少しでも動けることがありがたかった。


心のダメージが、体に与えるダメージの大きさを改めて感じた。


あれから一週間と少し。

だいぶ日常が戻ってきた。

そして心が戻ってきた。

またいろいろ感じながらやっている。

でも、まだ受けたダメージがあちこちに残っていて、

疲れやすく、不安が出やすくなっているけれど、

今自分が生きている、

   「今ここ」を大事に生きるようにしている。



あの時、

翼はもげたと思った。

でも、羽根って無くなっても一週間位で

また生えてくるみたいだ。

とかげのシッポみたいに。


生えたてで、小さくてフワフワしているからだろうか。

小さなことに感動している自分がいる。

誰かの優しい言葉がとても心に沁みたり、

いつもやってることなのに、出来ることが嬉しかったり、

外の風や光に心が慰められる。


怖かったけど、

無駄なことは何もないのかもしれないな、

と思う。

覆いかぶさる試練や苦しみは本当に辛いけど、

不要なものなんて本当に一個もないのかも知れないな

と思う。


でも、怖いからやめてほしいけど....。








スポンサーサイト



プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR