FC2ブログ

母...②

若い頃は、本当に母を憎んだ。

私が対人恐怖を起こし、今こんなに辛いのは全部あの人のせいだ

と、とても恨んだ。


いつからそういう気持ちが薄らいだのだろう?


多分、自分がうつになってからだと思う。

10年ほど前、うつになって、何も出来なくなった。

子どもに反応できなくなって、布団をかぶって寝ている日が多くなって..

自分を責め続けた。

責めながら思った。

母みたいだ...。

母も学校から帰ると、よく臥せっていた。

話しかけても、いつも機嫌が悪くイラついていた。

母と同じじゃん、と思った。

あんなに憎んで、あんな母親には絶対にならない、と思っていたのに、

結局同じじゃないか、と悲しかった。


でもある時、思った。

母もこんな思いをしたんだろうか

母もこんな風に辛かったんだろうか、と。


あの時、

ずっと平行線だった、私の人生と母の人生とが、

少し交わったのかもしれない。


多分その辺からだと思う。

私とは考え方も何もかも違うけど、

母は母なりに、いろいろ辛く苦しく余裕なんか無い中で、

必死に私達を育ててくれたんじゃなかったのか、と思うようになった。

きっと、母に心が無かったわけじゃない。

子どもが憎かったわけじゃない。


私は、神経質で、傷つく事いっぱいあったけど、

それでも...

コミュニケーションがお互いうまく取れなくて、

行き違いもいっぱいあったけど、

それでも...


弱音こそ聞いた事ない。

本音みたいなものも聞いた事がない。

でも、きっと母も悩むことはたくさんあったろう。

でも、いろんな事を深く考えず、心の中から追い出して

強く生きてきたのかもしれない。


そんな風に母を見るようになってからだと思う。

もういいや。と思った。

もう充分憎んだし。

だから、もう母を責めたり、恨んだり、

変わってほしいと、思うのはやめようと。

そう思うようになった。


今は、たまにしか会わないし、

会っても、当たり障りのない話しかしない。

風当たりが強くなってくると、私は適当に逃げる。

傷つきたくないから。

どうせぶつかったって、私たちは平行線だ。


あきらめた。

でも、別に憎んでもいない。

これが私と母だ。



スポンサーサイト



プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR