FC2ブログ

実家に行った時に、母と話していたら、

「○○おばさんが、だいぶ弱ってきた。」と言った。

母にとっては、義姉である。

私は、おばとはもうずいぶん会っていない。

おばは、若い頃は恰幅がよく、大人し~いご主人の前にいつも立ちはだかり、

ガハハと笑って、元気に明るく家を切り回している印象のおばさんだ。


「昔は男勝りで、サバサバしとるように見えたけど、

ああ見えて、内面はえらい繊細な人だったんだわ~。」と、母は言った。

年を取り、足腰も弱り、だいぶ痩せたそうで、

時々電話をかけてきては、泣き言を言ったりするのだそうだ。

私が、「別にいいじゃん。」というと、

母は、「いかん!もっと前向きでおらな!」と言った。

「メソメソ、グチグチして。後ろ向きな事言ったって、何もはじまらんワ!」

「特に病気してるわけじゃないんだから、もっといろんな事に感謝して生きな!」と。

...。

「いろんな事に感謝...」その言葉、そのままアンタに返したるわ!と心の中で思った。


「でもさ~、案外悩んだりしてるほうが頭使って、ボケなかったりするんじゃない?

ちょっとくらい神経質のが脳にはいいんだって!」

と言ってやった。

伯母は、まだ頭は全くしっかりしているそうだ。

だが母は、「そんなもんかね。」等と思うタマではない。

これ以上は、どこまで行っても平行線なので、

もう止めた。


母からは弱音らしいものを聞いた事がない。

何だか、自分が正しいと思っている事は、絶対だと思っているようだ。

たとえその事で、多くの人を傷つけることになろうとも

容赦のないところがある。


私は、母と性格が全く違うため、

母の気持ちが全く分からない。

多分、母も私の事が全く分からなかっただろう。


それでも若い頃は、母にすごく認めてもらいたいと思っていたし、

母の考えてる事や、本当の気持ちを知りたいと思っていた。

今は、母と分かりあう事は完全にあきらめている。


私たちはどこまで行っても平行線だった。


私達が上手く行く方法が、一つだけあった。

それは、どこまでも私が母の話に調子を合わせる事だ。

でも、それは私にとっては、何の解決にもならないという事も分かっていた。

だから、私はもう母と分かり合うことをあきらめた。


つづく...




スポンサーサイト



プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR