FC2ブログ

六花ちゃん洗濯物を干す。

テレビを見ていたら、洗濯物の干し方についてやっていた。

効率のいい干し方を教えてくれるというのだ。

興味深く見ていた。

洗濯機から手に取った物の順で干すのではなく、

ハンガーはハンガーでまとめて干し、

次にピンチはピンチで干す。

同じ動作が続くから効率がいい、といった内容だった。

私は後日試してみたが、どうも窮屈でいけない。

頭で考えて干そうとするからだ。

やっぱり、心のままに干すのが一番だ。

私の干し方はこんな風だ。

だいたい、大きい物から干す。

そうすると、かごの中身がどんどん減るので、

すごいはかどっているような気持ちになり、勢いが付く。

後は気分しだいで、ハンガー物を干したり、ピンチ物を干したり。適当。


物事は、決めた通りなかなかやれないものである。

一週間くらい続いても、段々窮屈になってやめてしまったり。

なるべく決め事は少ないほうがいい。

決めたように進めるのは、疲れるのだ。

頭で考えた通りに進むことは少ない。

その時々で、体調も気分も、洗濯物の量も、天候も

事細かに違うのである。

そこに四角四面の理屈を当てはめようとしても、土台無理なのである。

その無理を押し通そうとすると、努力が必要となり、疲れるのである。


心のままに干せばいいのだ。

天気がいい日は、風に吹かれながらのんびり干すかもしれないし、

にわか雨が来そうな日は、取り込みやすい工夫をしながら干したりする。


干してる途中で疲れてしまったり、飽きる時がある。

全然違う用事を思い出したり。

気にしなくていい。

頑張って干し切るのではなく、その心のままに道草を食えばいい。

「休憩は仕事の転換」だ。

家事のいいところは、そういうことが自分でプロデュースできるところだ。


心のままにやっていると、作業効率がいい。波に乗ればあっという間に片付く。

無理無理頑張ると疲れるばかりで、ちっともはかどらない。

洗濯物は午前中にしなければ。というのもかくあるべしだ。

今時期、お天気がいい日は、昼ごろ干したって充分に乾く。

だから昼くらいまでほかってある日もある。

夕方にちゃんと乾いていればいいのだ。

「実際的」であることが大事だ。

洗って乾けばいいのだ。

お日様と風に洗濯物を乾かしてもらう「洗濯」が私は好きだ。



スポンサーサイト



プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR