FC2ブログ

事実唯真

「事実唯真」は森田正馬先生の言葉です。

森田先生は、事実を何より大切にされました。


例えば、コップに水が半分入っているとします。

「もう半分しかない。」というのは、ネガティブ思考です。

「まだ半分もある。」というのはポジティブ思考です。

それに対して、

「コップに水が半分入っている。」というのが、事実思考です。

森田療法は、事実思考です。

前者は同じ水の量なのに、人の考え方ひとつで、少なく思えたりまだたくさん

あるように思えます。

しかし、事実思考で見るとき、どんな感情で見たとしても状況は変わらないのです。

神経質傾向にある人、ナーバスな人達は、物事をネガティブに捉えがちです。

そんな時は少し冷静になって、事実を見るようにしてみませんか。


それを自分に当てはめると、

ネガティブに見れば、「人はあんなにやっているのに、自分にはこんな事しかできない。」

ポジティブに見れば、「自分はこんなにいろいろ頑張ってやっている。」

事実思考で見れば、「自分はこれとこれをやった。これとこれは出来ていない。」


ネガティブな人は、出来ていない部分ばかりを見、ポジティブな人は出来ている部分だけを評価しようとします。

しかし事実は、出来ていることもあり、出来ていない事もあり、

それ以上でもそれ以下でもありません。それがその時の自分の事実です。

出来ていることを過大評価する必要もなければ、出来ていないことをことさらに嘆く必要もありません。


今の自分の状態を自覚するだけでいいのです。

森田療法の大事な考え方の一つです。

スポンサーサイト



私は神経質です。

私は神経質な人間である。

繊細であり、細かいことに気がいく質なので

日々色んなところで、怒りを感じたりしている。

それが自分に関係のないことでも、理不尽なことは正そうとする。

かなり面倒臭い性格だと自分でも思っている。

逆にいい事があればすごい嬉しくなって、生まれたことに感謝したいような

気持ちにもなる。

要は感情の揺れ幅が、とても広いのだと思う。

心が広いのとはちょっと違う。

自分にも厳しいが、人にも同じように厳しいのでどちらかと言えば

心は狭い。いい加減にまあいいやと許せない。

何事も突き詰めないと気がすまないところがある。


私は若い頃、いや5年位前まではそんな自分が嫌いで仕方がなかった。

でも今は、森田療法のおかげで神経質のいい面を生かせるようになってきて、

神経質でよかったとさえ思っている。

神経質は、仕事が丁寧だ。(⇔こだわりだすとヤバイ)

そして仕事はきっちりやる。(⇔完璧を目指しだすと時間ばかり掛かって疲れる)

人あたりがよく、強い物言いはしない。(⇔人の顔色をうかがい過ぎて必要な事もいえない時もある)

逆に時々正義感で強く相手を制してしまう。(⇔内省性があるので、段々学べる 予定)

よく場の空気を読み、周りをよく見ている。(⇔人ごみに行くと疲れる)

など、表面と裏面がある。


森田先生は、神経質の性格について研究した。

神経衰弱と診断された廃人同様の人達をたくさん救った。

たくさん著書も残してくれた。

森田先生。本当にありがとう。

ママチャリ温暖化現象

また自転車のお話ですが、(だんだん森田療法から離れていっている...笑)

最近のママチャリの進化は目を見張るものがあるなぁと思う。

特に子どもを乗せる用のだ。

子どもの座席の背もたれが空へとそびえている。

まるでチャイルドシートを自転車に装着しているようだ。

守りすぎじゃね?

あれでだいぶ自転車重くなってない?

まず見た目が悪い。

機能性のいいものは、見た目(デザイン性)も優れているものだという

私の勝手な思い込みはあるが。

にしても...

私なら、あそこまでして装着しない。

さらにそれにビニールの温室的なのをつけてる人も少なくない。

多分雨の日だったり、寒い風にさらされては子どもがかわいそう的な発想だとは思うが。

私が子どもだったらあんなの息苦しくなりそうで嫌だ。

「子どもは風の子」という格言は今はないのか?

風を感じるのが自転車のいいところではないのか?

少々の雨はお母さんとキャーキャー言いながら、家路につくのも思い出ではないのか?

全てのものから子供を守ろうとするな。

少々の痛みや苦しみは、子どもの心を成長させる。

子どもの優しさをはぐくむ。必ず。

守ることより、寒いね。暑いね。お腹すいたねって一緒に泣いたり笑ったり

することの方が大事だ。




プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR