FC2ブログ

視点が遠い

日曜日に集談会に行った。

ある方が、

「何かやろうとすると、段取りばかりを先に考えてしまい、

まだ何もやっていないのに頭の中だけで疲れちゃう。」

と言った。

すごく共感できる話だ。

私もわりと最近、自分のそういう部分に気付いた。

何かをしようとする時、

反射的に無意識でぱぱぱッと頭の中で段取りが浮かぶ。

そして最終的な着地点まで浮かんでしまう。

まだ、始まる前から視点が遠いのだ。

そして、手元がおろそかになったりする。


私がそれに気がついたのは、犬の散歩をしている時だった。

犬のリードを持って、さあどちらへ出かけようか、と思う。

だいたい10分の散歩コースを、適当に頭の中で想定する。(ほぼ無意識)

だが、想定通りに行って帰って来たためしがないのだ。


だいたい、行く途中に分岐があると、予定じゃない方向へ行きたくなる。

工事中だったり、誰かに出会ったり、想定していなかったことも起こる。

何も起こらなくても、想定どおりに行くのが途中からつまらなくなるというか、

そんな感じで予定コースをはずれていく。


これは、反抗心?反対観念?...だろうか?

そのことに気づいてからは、

もうコースを決めずに適当にその時の気分で(純な心で)歩くことにした。

何の葛藤もない分、楽だ。


勝手に計画を立てて、知らず知らずそれに縛られている自分がいる。

そして勝手に縛られて、勝手に反抗している。(一人相撲)

これは、神経質の特性だろうか?(誰か、教えてくださ~い。)


でも、恐らく思考ばかりが先に先に働いているという事だと思う。

何かしようとすると、こうなってこうなってこうなるから、こうなる。

というように、頭の中では結論まで何となく出てしまう。

でも、思考の中だからぱぱぱと展開するが、

現実は魔法使いでもない限り、そんなわけにはいかない。

いろんな事が簡単ではない。


いろんな面倒な事も、簡略化、単純化して思考の中では、

結論まで出してしまっているようだ。

そう思うと、それはやっぱり「思想の矛盾」だ。

頭の中は簡単。

でも事実はそんなんじゃない。

いちいち面倒なことにぶつかる。

でも、面倒な事一つ一つが現実だ。


そういう思考回路の持ち主だから、

いろいろと現実と考えが食い違うんだな~と思った。

だから私は、事実をちゃんと見ることが大切なんだな、とも思った。







スポンサーサイト



プロフィール

六花

Author:六花
ブログへようこそ。
六花と申します。
10代の頃から神経質症に陥り
30代でうつになりました。
今は森田療法のおかげで、元気に暮らしております。
そんな体験からこのブログを始めました。
日本由来の森田療法を多くの方に知ってもらいたいと願っています。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR